悠々と

アクリル絵具を流し込んだキャンバスに、対馬の知り合いからもらった水色と緑のシーグラスをならべてみた。

小さなストーンも思いのままに散りばめた。

崩してはまた、散りばめて…。

そうしてるうちに透き通る水面に2匹の魚が見えた。

ひとつは雄。その傍をついていってるのが雌。

悠々と、前を行く姿に

なんだか安心感を覚えたんだよ。

年月をかけて削られた丸いシーグラスは本当に綺麗。こんなに丸っこいシーグラスもめずらしい。

作品はこちら↓